ヴィルヘルム・コーゲ アルジェンタ

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
"ARGENTA" / BOWL VASE
Wilhelm Kåge
Gustavsberg, 1930-60
Sweden

北欧を代表する陶磁器ブランド、スウェーデンのGustavsberg(グスタフスベリ)製。1930年~60年頃製造された、Wilhelm Kåge(ヴィルヘルム・コーゲ)によるデザインのArgenta(アルジェンタ)シリーズのボウル/花瓶ですエメラルドグリーンの釉薬に銀彩の上絵が施された鮮やかな器です。


底面には、GUSTAVSBERG Argenta A 23 R Made in Sweden」の文字が金彩で書かれています。


Wilhelm Kåge(ヴィルヘルム・コーゲ)

1886年スウェーデン ストックホルム生まれ。グラフィックデザイナーとして活躍していた後、スウェーデン工芸協会の推薦にて、グスタフスベリ製陶所のアートディレクターに招聘される。日本の民藝運動などの思想に共鳴し、飾りではなく日常に使う器にこそ美しさが重要であると説き、その後の北欧工芸に多大な影響を与えました。彼の思想は、彼が見出したスティグ・リンドベリやベルント・フリーベリに引き継がれました。1960年他界。


Gustavsberg(グスタフスベリ)

1640年に煉瓦工場としてスウェーデンに誕生し、1825年に陶磁器工場として創業した。19世紀半ばにはボーンチャイナの製法を確立し、発展する。20世紀に入ると、スウェーデン工業デザイン協会の推進する良質なプロダクトの大衆化を目指していく中、1917年に画家であったWilhelm Kage(ヴィルヘルム・コーゲ)をアート・ディレクターに迎え、同窯のモダンデザインの礎が築かれた。1934年にBERNDT FRIBERG(ベルント・フリーベリ)、1937年にSTIG LINDBERG(スティグ・リンドベリ)、1950年にKARIN BJORQUIST(カリン・ビョールクイスト)、 1954年にLISA LARSSON(リサ・ラーソン)らが入社。デザイナーにはそれぞれスタジオが与えられ、アシスタントと量産品をデザインするとともに、作家活動としてのアートピー スの製作も自由に行うことができた。北欧モダンデザイン黄金期と重なる1950年代から60年代に隆盛を極めたが、70年代以降同窯は、買収が繰り返され、食器部門は、現在別会社であるHPF GUSTAVSBERGとして復刻品等を中心に製造が続けられている。


【サイズ】 
W85mm × D80mm × H80mm
素人計測になりますので、若干の誤差はご了承ください。

【コンディション】
本品は、僅かな小傷やスレ、銀彩の摩耗や変色があります。内部の底部に釉薬の摩耗が見られ、またあまり目立ちませんが、フチに長さ2cmほどの細いクラックが1本見受けられます。ヴィンテージ品としてはまずまずのコンディションです。製造時からの形状や釉薬のムラなどについては、ご理解ください。

shopping cart

カートに商品は入っていません

お届け・お支払いについて

10,800円(税込)以上のお買い上げで、送料無料とさせていただきます。
通常の宅配料金一覧はこちら

trail_design_store でご購入いただきました代金は、前払い(銀行振込)をお願いしております。
● 商品はクロネコヤマト宅急便でのお届けとなります。

recommend

コレクターズ必携!
LEDデジタルウォッチ
写真集シリーズ

MONDO WATCH 1
MONDO WATCH 2

books

about us

デザイナーであり時計コレクターのオーナーと、デザイン情報メディア元編集長の管理人が、 世界中から集めたデザイン性あふれる商品をお届けしていきます。